トップページ > 金属あれこれ > りん青銅板(C5191P・C5210P)

りん青銅板(C5191P・C5210P)

JIS規格りん青銅板化学成分表(C5191P・C5210P)

種類 JIS合金呼称 化学成分【%】
Cu Pb Fe Sn Zn P
りん青銅 C5191P 残部 ≦0.05 ≦0.10 5.5〜7.0 ≦0.20 0.03〜0.35
ばね用りん青銅 C5210P 残部 ≦0.05 ≦0.10 7.0〜9.0 ≦0.20 0.23〜0.35
△トップに戻る

JIS規格 りん青銅の特性及び用途

りん青銅C5191P
導電率 耐食性 ばね性 耐摩耗 冷鍛造 熱鍛造 曲げ 深絞り かしめ シャ| プレス 被削性 溶接性 めっき
ばね用りん青銅C5210P

用途例
<りん青銅>
電子/電気機器用ばね・スイッチコネクタ・ブッシュ・しゅう動片・ICリードフレーム・グラム・ベロー・軸受け・ヒューズクリップ
<ばね用りん青銅>
特にばね性に優れている。電子/電気計測用のスイッチ・コネクタ・リレー

△トップに戻る

りん青銅の機械的性質及び物理的性質

種類 JIS合金
   呼称
引張強さ
【N/mu】
伸び
【%】
ビッカース
硬さ
【HV】
融点【℃】 導電率
【%IACS】
熱伝導率
【W/(m・k)】
液相 固相
りん青銅 C5191P
1/2H※
490〜610 20以上 150〜205 1045 910 13 67
ばね用
りん青銅
C5210P
H※
590〜705 12以上 180〜235 1020 880 12 63

※取り扱い製品硬さ⇒JIS規格で用いられている質別記号
 1/2H=引張り強さが質別1/4Hと3/4Hの中間のように加工硬化したもの。
 H=引張り強さが質別1/2HとEHの中間のように加工硬化したもの。

△トップに戻る