トップページ > 金属あれこれ > アルミニウム化学成分表

アルミニウム化学成分表(A1050・A5052・A5083)

JIS規格アルミニウム板化学成分表(A1050・A5052・A5083)

JIS合金呼称 化学成分【%】
Si Fe Cu Mn Mg Cr Zn Ti Al
A1050P 0.25 0.40 0.05 0.05 0.05 ―――― 0.05 0.03 99.50以上
A5052P 0.25 0.40 0.10 0.10 2.2〜2.8 0.15〜0.35 0.10 ―― 残部
A5083P 0.40 0.40 0.10 0.4〜1.0 4.0〜4.9 0.05〜0.25 0.25 0.15 残部
△トップに戻る

アルミニウム合金の用途指針

合金系統 JIS合金呼称 材料特性の概要 用途例
純アルミニウム 系 A1050P 成形性・表面性が優れ、耐食性はアルミニウム合金中最良である。 強度は純アルミニウムであるため、純度が高くなるにつれて低くなる。 日用品・照明器具反射板・装飾品・フィン・化学工業・タンク類
アルミ・ マグネシウム系 A5052P 中程度の強度を持った最も代表的な合金で、耐食性・溶接性・成形性が良い。特に強度のわりに疲労強度が高く、耐海水性が優れている。 一般板金・船舶・車輌・建築・完エンド・ハニカムコア
A5083P 溶接構造用合金。 実用の非熱処理合金の中で最も純度の高い耐食合金で、溶接構造用に適する。 耐食性 ・低温特性も良い。 船舶・車輌・圧力容器・低温タンク
△トップに戻る

アルミニウム板の機械的性質及び物理的性質

JIS合金呼称 引張強さ
【N/mu】
耐力
【N/mu】
伸び
【%】
ブリネル硬さ
【HBS】
10/500
溶解温度範囲
【℃】
導電率
【IACS.%】
20℃
熱伝導度
【KW/(m.℃)】
25℃
A1050P H24 95〜125 75以上 4以上 20 646〜657 61 0.23
A5052P H32 230 195 12 60 607〜649 35 0.14
A5803P H32 315〜375 235〜305 8以上 ――― 574〜638 29 0.12

※取扱い製品の硬さ⇒JIS規格で用いらている質別記号
H24=加工硬化後適度に軟化熱処理したもの。1/2硬質
H32=加工硬化後安定化処理したもの。1/4硬質

△トップに戻る