株式会社マテリアルハウス 非鉄材料・加工部門

トップページ > 金属あれこれ > JIS規格の読み方 合金偏

JIS規格の読み方 合金偏

規格詳細は 規格一覧 をご覧ください。

全般

  1. アルファベットは原則として1字ずつ読みます。
    例外はステンレスで SUS は(エスユーエス)ではなく(サス)と読みます。
  1. 数字も同様にばらばらに1字ずつ読みます。
    数字の例外読みはありません。0 は(ゼロ)ではなく(マル)と読みます。
  1. 例:C1100(シーイチイチマルマル)、SUS304(サスサンマルヨン)など

アルミニウム

  1. A1×××は純アルミニウム系です。
    耐蝕性、アルマイト性(注1)に優れますが強度が弱く構造材には適しません。
    家庭用器物、ネームプレート、タンクなど。
  1. A2×××は高強度材でジュラルミン、超ジュラルミンの名前で知られる2017、2024が代表的。
    航空機に多用されますが銅分を含み、耐蝕性、溶接性に難があります。
  1. A3×××は Mn を添加して純アルミの加工性、耐蝕性を維持したまま強度を改善したもの。
    アルミ缶のボディーに使用される3004が代表的。
  1. A4×××はやや特殊な合金で、ピストン、溶接線やろう材(注2)などに使われています。
  1. A5×××は Mg を添加して、強度、耐蝕性などをバランスさせた汎用性の高い合金。
    5005、5052、5083などが代表的。
  1. A6×××は Mg,Si を添加したもので6063押出し材がサッシなどの建材に大量に使用されています。
    押出し性、加工性がよくアルマイト(注1)の仕上りも美しい。
    より強度の優れたものに6061、6N01(ロクエヌマルイチ)などがあります。
  1. A7×××はアルミニウム合金のなかで最も高い強度を7075と Zn-Mg-Cu 系と Cu を含まない 7N01 が代表的。
    熱処理が難しくこれが適切でないと応力腐食割れ(注3)を生ずる危険があるので注意を要します。航空機、鉄道車輌など。
  1. アルマイト・・・アルミニウム独特の表面処理技術。
    電気めっきが被処理材を陰極にして表面に金属を析出させるのに対し、アルマイト処理は希硫酸などの液中でアルミニウムを陽極にして強制的に酸化膜を成長させます。
  1. ろう材・・・金属の接合技術の1つにろう付けという技術があります。
    接合材料よりも低い温度で融けるろう材を溶かして接合するもので、スポット的に接合する方法のほかに自動車のラジエターなどあらかじめろう材を貼りあわせた材料(ブレージング材)を組み立ててから全体を加熱して一気に接合する方法があります。
  1. 応力腐食割れ・・圧延や曲げなど、アルミに限らず金属に加工を加えると材料の内部に力がかかったままの状態が残り、これを残留応力と呼びます。
    合金の種類によっては在留応力があると内部の結晶の境目から腐食が広がって破壊してしまう場合があります。
    これらの合金は応力を加えた後応力を除去するための熱処理を行う必要があります。

銅合金、ステンレスなどは作成中です。しばらくお待ちください。

△トップに戻る