株式会社マテリアルハウス 非鉄材料・加工部門

トップページ > 取扱製品 > 特殊材料 > Niクラッドステンレス鋼板

Niクラッドステンレス鋼板

メッキの欠点を克服した新しい接点材料「NTK Niクラッドステンレス鋼」

「Niクラッドステンレス鋼」は従来の冷間圧延クラッド材料やNiメッキ材料に比べ、熱間圧延で圧着するため、
@ローコストでAクラッド部位の密着性が良くBクラッド厚が安定しております。

金属同士の界面が熱によって拡散接合されているため、密着力は安定しています。
又、メッキの様にポーラス状の穴が無いため耐食性も良好です。

■特徴
@ 経済性
通常のステンレスとほぼ同様の工程で製作するため、非常に経済的。
A 加工性が良い
通常のステンレスと同様に加工ができ、Ni層は、少々の曲げや絞りでも剥離しません。
B 接触電気抵抗値が低い
通常のステンレスの1/100の抵抗値。接点材料としての範囲内です。
C 高はんだ付け性
Niの表面ははんだ・ロウ付け性が良好です。
D 耐食性が良い
純Niの表面の耐食性を有します。

■標準仕様
基材:SUS304、301 等 (及びKOVAR)
Ni層厚さ:総厚の2% (両面)
板厚:0.03o〜0.8o
板巾:1200o以下
接触電気抵抗:3〜5mΩ (SUS304 単体では 100〜300mΩ)
*測定条件=板厚0.25oBA仕上/100mA、50g荷重


■使用事例
バッテリーコネクター、電池ボックス端子、シールドケース
Niクラッドステンレス鋼板

△トップに戻る